議員としての心構えについて

今後の議員としての活動方針について考えている今日この頃です。
私個人として
強い思想や偏見を持っていない分、
動き方に柔軟性を持たせられることが、
議員としての強みだと思っています。

一方で、明確な軸を定めていかないと、
ある種のダブルスタンダートを取ってしまい
何も決められない議員になってしまっては
元も子もないと考えています。

『市民ファースト、国民ファーストで行動するべき』
とよくいいますが、
ここで言うところの「市民、国民」をどのように定義をするのか??

大多数のことを定義するのか、
それとも自己の理想世界に住む住人たちのことを定義するのか?

マジョリティへの偏向が進むとマイノリティが埋没していく。
これは時代にそぐわないとも思う。

「協調性×独自性×時代」
という図式の中で生きていく必要がある現代人のために、
政治のあるべき姿とは何なのか?
もっともっと勉強して考えていく必要があると思います。

何にせよ、自分はまだ1年目の議員にしかすぎないので、
【目の前で困っている人たちのために迅速に行動をする!】

この行動方針に従って頑張っていきます。

☆☆☆☆☆☆
【小牧っ子の挑戦!】
日本維新の会
小牧市議会議員 伊藤こうしろう
https://lit.link/koshiro110


ここだけの情報を発信!
お気軽に下のボタンから
公式LINE友達追加お願いいたします!

公式LINE友達追加ボタン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ

前の記事

2023年10月振り返り